言語コンシェルジュ

for all English learners

2.スラッシュリーディング

練習の目的:目標言語での「文頭からの訳出方法」を体験し、習得する。

練習の目標: まとまったストーリーを目で追いながらスラッシュ(センスグループ)ごとにその意味を把握するという一連のプロセスをできるだけ素早く行えるようにする。

①スラッシュ・ リーディングの練習は、通例、印刷物(本や雑誌)を使い、鉛筆を手に持ってSG(Sense Group の略で、要するに英文をまとまった意味のユニット )の区切れにスラッシュ(/)を入れながら読んでいく。

 オンラインテキストを使ってやる場合は自分でテキストにスラッシュを入れることができないので、テキストをプリントアウトして行うか、脳内でスラッシュを入れながら読み進め、読み終わったら2.音韻分析のスラッシュ(/)で確認する。

🌟スラッシュを入れる基準 〜10のルール〜

1つのSG(Sense Group)は7±2wordsを目安とする。以下は、意味のまとまりとして/が入りやすい箇所、10のルールである。

①S / V (Sが長い場合)

Ex) Two New Jersey newlyweds/ got an unexpected gift

(1段落1行目)

②SV / to不定詞 

I came here / to study second language acquisition. //

It is not important / (for you) to attend the conference. //

③/ that SV(that 節)

I knew / that he was laying. //  (=> 主節+ that補文)

 I think / we should change the plan. //   (=> 主節+zero-that補文)

④——-/関係代名詞

This is the pen / which I have been looking for. //   (=> 主節+関係詞節)

⑤——/接続詞 ( and, but, if, when)

Swift agreed to attend the wedding /after getting a letter in April

(3段落3行目)

⑥——/3つ以上の長い前置詞

 got an unexpected gift/ at their wedding reception (1段落1行目)

⑦ A / B, (or/and)/ C  (並列)

Beer, /milk, /or/ coffee

      

⑧ SV/~ing  (動名詞、もしくは分詞句)

The bride’s cousin posted this picture of her,/holding the gift from Swift,/ stating,/(5段落)

⑨—/ 挿入句/ —-

The superstar/ played a version of her song /“Blank Space” /at the reception of Max Singer(第2段落1行目)

 文頭の副詞句

In his Twitter page, /the bride’s cousin thanked Swift for attending the wedding, (最終段落1行目)

 備考:スラッシュを入れる基準にしたがって、 SG 単位で読み進むように心がけること。これがスムーズにできるようになれば、おのずと読むスピードが速くなり、リスニング力も飛躍的に向上する。なお、この練習ではSG ごとに英文を和訳していく必要はなく、全体の流れのなかでそれぞれのSG の意味をイメージとしてとらえていけば十分である。

 SG の区切れを見分けるための最も有効な方法は、そのセンテンスを声に出して読んでみることだ。声を出して読んだときに、一気に読むまとまりがSG であり、自然にポーズ(息継ぎ)が入るところ、あるいはイントネーションが下がるところが意味の区切れということになる。もっとも、通常はいわゆる黙読をするわけだが、このときも頭の中で声を出すつもりで読んでいく。ただし、ただ棒読みするのではなく、頭の中で筆者の「息遣い」を再現するような感じで読み、原文の字面だけでなく、字間・行間に隠されたプロソディ要素も読み取りながら、いわば「聞くように」読んでいくとよい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。