言語コンシェルジュ

for all English learners

4つのスキルを養成する通訳訓練技法

英語を聴くために必要なスキルは次の四つです。

1.音韻分析

2.統語分析

3.意味分析

4.長期記憶

以下の図にそれぞれのスキルを向上させるための訓練法をまとめてみました。

図3.png

・シャドーイング:プロソディー感覚を養成し英語の音を「聞く」力を磨きます。

・スラッシュリーディング:文の構造を把握し、頭から意味を理解できるようにします。

・サイトトランスレーション:文の構造を把握しながら頭ごなしに実際に声に出して日本語に訳していくことで、英文に対する理解を深めます。

・音読:シャドーイングで培ったプロソディー感覚を忘れずに、また文構造を把握しながら強弱をつけて、ネイティブになりきって音読をします。自分が本当に音、文法、意味を理解できているかを確認できます。

・同時通訳:聞きながら訳すという二重課題的制約をもったこのタスクは最も負荷の大きいタスクと言えるでしょう。しかし深いレベルの起点言語と目標言語の意味変換が行われることで、起点言語の意味理解がさらに深まります。また、この最終タスクが英文の知識を自分に長期記憶としてさらに深くインプットしてくれます。

※それぞれの訓練法の具体的な効果、方法については右の「通訳訓練技法」に詳しく書いてあります。

教材であるニュース記事は最近のニュースを扱っており、分野も多岐にわたっています。これら全ての訓練を一つの記事に対して行うことで、テキストに対する理解が深まり、音韻知識、文法知識、語彙知識などが脳に蓄積されます。結果的に学習者に長期記憶として蓄積されるので、言語コンシェルジュはリスニングに求められる全てのスキルを磨くことができるのです。

長々とこの教材が作成された根拠、理論について述べましたが、それぞれの訓練技法にも、こと細かく理論が書いてあります。大変ですがぜひ一つ一つを理解し、、強い学習意欲を持って、この教材に取り組んでください。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。